キーワード辞典
ドリルと穴の話-ツールと目的-

登録日 13/11/14   更新日 13/11/14



その1

マーケティングに関する有名な話。
人はドリルが欲しいのではなく、ドリルによって開けられた穴が欲しい。
その穴は、人によって必要な大きさや形が違うだろうし、穴を必要とする目的も違うだろう。
だから、人は、自分の目的に合った、使い易く、性能の良いドリルを選択する必要が有る。


人は、Excelが欲しいのではなく、Excelによって得られた結果が欲しい。
人によって求めるものは違うだろうし、その値を必要とする目的も違うだろう。
その為に、人は、様々な関数を取捨選択し組み合わせて使う。


人は、言葉によって、相手に伝えようとする。
どの様に話したら、相手に理解して貰えるだろうか。
その為に、人は、様々な言葉を取捨選択し組み合わせて使う。


人は、プログラムによって、データを処理しようとする。
どの様なロジックやアルゴリズムを使ったら、効率的に処理が出来るだろうか。
その為に、必要なロジックやアルゴリズムを取捨選択し、組み立て、プログラミングする。



しかし、現場の教諭は、ツールの機能と特性のみに固執し、
「Excelの使い方」「操作や関数を覚えること」を目的にするから、
「小中学校や普通高校と同じ事をやっている」状態になるのは、当たり前のこと。
いや、現在では、小中学生や普通高校でやっている事よりも、もっと訳が悪いのかも知れない。

重要な事は、実務において、
どのツールを使い、どの様にすれば、最も効率良く、最も見栄え良く、
自分の目的を達成出来るのか、を、その時々で、的確に判断する能力。

今の商業教育に無いのは、コレだと思う。


何故、それをしないのか。理由は簡単。
そんな目に見えない能力の体験をさせるよりも、
現場でインチキ馴れ合いな検定の合格者を多く出した方が教諭の評価が上がるから。

でも、世間もそんな検定に白けている、という事は、
知り合いの何人かの技術者と酒を呑むと、直ぐに判る。



(’13/11/14 記す)





[ 赤い玉の画像 ] 「キーワード辞典」の目次へ

[ 黒板消しとチョーク受けの画像 ]