キーワード辞典
公開授業

登録日 19/10/23   更新日 19/10/23



以前にも何度か書いているけれど。

私が思う、「公開授業」の種類

(パターン1).
模範授業。目的に応じて、理想の一つとする授業の見える化。
或る程度、その分野での授業を展開する力を持ち、向上心の有る見学者にとって、有益。
そうで無い場合は、「あの先生だから出来る」「あの学校だから出来る」で、終わってしまう可能性も有る。


(パターン2).
自分の授業のイメージが掴めなくて思案投げ首な教諭に対して、 「あれくらいなら出来るかも」「あそこを自分流にアレンジしたら私にも出来るかも」と思わせる様な授業。 あくまでも「叩き台」であって、授業者を叩く訳では決して無い。 授業をするのは、パターン1より難しいかも知れない。 見学者が、パターン1を見て概念や理想を捉え、パターン2で自分流にアレンジし、ステップアップ出来れば、ベスト。 1つのツールだけで授業の全てを展開させる授業よりは、 幾つかのツールや小技を臨機応変に組み合わせて展開する授業に多い。


(パターン3).
委員会等からの学校訪問の際などによく行われる、報告書やリーフレットに描いた様な、授業。
生徒の為の、というよりは、その教諭の為、その学校の為に行う授業。






[ 赤い玉の画像 ] 「キーワード辞典」の目次へ

[ 黒板消しとチョーク受けの画像 ]